Little engineer's Lab      Introduction  Product  Education
 
エデュケーション 

かわいい電子基板「my little engineer」といっしょにテクノロジーとエレクトロニクスについて学びましょう!


 
 
 電子基板と電子回路 

my little engineerは電子基板を使ったアクセサリーです。でも、電子とか基板ってなんのこと? 
 
  • 電流は電子の移動
すべての物質は電子をもっています。その電子が移動することで電気の流れ、つまり「電流」が発生します。物質には電子が移動しやすいものとそうでないものがあり、そのような電子の性質を利用して電子回路は作られています。
 
  • 回路は電流の通り道
電流が途切れることなく流れる道を回路(サーキット)と呼びます。以前はケーブルを配線して回路を作りましたが、基板に配線をプリントする技術により電気製品の品質向上と安定した量産が可能になりました。
 
  • 基板は回路のキャンバス
基板には電気を全く通さない素材を使います。その基板の上に銅などの電子が動きやすい金属で配線をプリントしたものをプリント配線基板、さらにLEDなどの電子部品を配置して電流が周回するようにしたものを回路基板と呼びます。
 
  • picoの回路
my little engineerは回路基板です。
picoの場合、基板の上に下の図のような回路が作られています。「抵抗」は電流の流れる量を調整するバルブの役割をしています。

 
 


 電子部品 

my little engineerでは、普段はかくれている電子部品たちを、直接見て触れることもできます。
小さなパーツたちが「電気」というエネルギーを使って働く様子を想像してみましょう。

my little engineer pico



my little engineer pico には4つの電子部品を使っています。


 
 電池ボックス  ボタン電池を入れるケース。ここが「電源」になります
 ON/OFFスイッチ  ON/電気を流す OFF/電気を止めるを切り替えるスイッチ
 LED  発光ダイオード(Light Emmision Diode)
 picoは七色に光るLEDを使っています
 抵抗  電流が流れる量を調整するバルブの役割をします



my little engineer nano / マイティアトムLEDキーホルダー


my little engineer nano には12種類、全部で29個の電子部品を使っています。



 
 電池ボックス
 ボタン電池を入れるケース。ここが「電源」になります
 ON/OFFスイッチ
 ON/電気を流す OFF/電気を止めるを切り替えるスイッチ
 LED 
 発光ダイオード(Light Emmision Diode)
 nanoでは2色のカラーのLEDを使っています
 抵抗 
 電流が流れる量を調整するバルブの役割をします
 コンデンサ
 電気の流れを安定させたり、ノイズを除去する働きがあります
 ダイオード
 電圧を一定にしたり逆流を防いで回路を守ります
 基板コネクタ
 パソコンからプログラムを書き込むときにケーブルを差し込みます
 金色ボタン(スイッチ)
 プログラムの実行ボタンです
 リセット用ボタン
 電源ON直後の状態にプログラムを戻します
 ICチップ(集積回路)
 プログラム通りに電気の流れをコントロールする回路基板の司令塔
 小さなコンピュータチップ
 コンバータ 
 ボタン電池の電圧(3V)を、電子部品に必要な電圧(3.3V)に変換します
 インダクタ(コイル)
 電圧を、3.3Vに変換する際の、変圧器(トランス)の役割をします






 
 

 集積回路とプログラム 

my little engineer nanoは電子基板とその上にプリントされた電子回路、回路の上に接着された29個の電子部品からできています。
ここでは電子部品の中でも一番重要な「ICチップ」を中心に、nanoのLEDがどのような仕組みで光るのかを見ていきたいと思います。
 
  • 集積回路は基板の司令塔

nano / マイティアトムLEDキーホルダー にはICチップがついています。ICはIntegrated Circuit(集積回路)の略です。小さなコンピュータチップで、長さ5mmほどの中に膨大な情報を記憶し、基板上にある電子部品をコントロールする司令塔の役割をになっています。
 
  • プログラムで電気の流れをコントロール

my little engineerのICには事前にプログラムを書きこみしてあります。ICのプログラムが電気の流れをコントロールしてLEDを様々なパターンで点滅させます。
 


 

 電子回路をつくってみよう! 

自分で電子基板をゼロから作るのは難しいですが、様々な教材や道具を使って回路づくりを体験することができます。手軽に入手できるものばかりなので、ぜひチャレンジしてみてください。

1.AGIC 回路マーカースタートキット ★☆☆



こちらは、ペンで電気の回路をかくことができる不思議なキットです。紙にLEDをつけて光らせることができるので、お祝いのメッセージカードづくりにおすすめ。
とっても簡単、あっという間に画像のような回路を完成させることができます。
商品はこちらから!




 
2.ソルダリングクラフト スタートセット ★★☆

はんだ付けの練習用基板とはんだ付けに必要な道具をセットにしました。
必要なものはそろっているので届いてすぐに始められます。


 
練習後の基板はキーチェーンをつけて身につけることができます!
友達に自慢しよう!




 
 


こちらはmy little engineerを使ったはんだ付けの入門動画です。
はんだ付けがどんなものかが分かるような簡単な動画になっています。


 

 
Little engineer's Lab      Introduction  Product  Education
 
coporii Blog

プログラミングの話題や、商品の使い方、新着商品情報などをお知らせ

  • 教育関係・企業の方 まとめて注文やトレーニングについてのお問い合わせはこちら
  • coporii活動実績
  • coporii3つの約束
  • 12,000円以上お買い上げで送料無料
  • 新規会員登録で500ポイントプレゼント!!
    ※ポイント付与は会員登録の翌日になります
coporii Blog

プログラミングの話題や、商品の使い方、新着商品情報などをお知らせ

  • facebook
  • instagram
  • twitter
Top