my little engineer開発ストーリー
第2回「はんだ付けの楽しさに目覚める」

 



こんにちは。
ひらめきボックスcoporiiの丸山です。

my little engineer開発ストーリー第2回は「はんだ付けの楽しさに目覚める」です。


第1回はこちら「はじまりは1枚のキーホルダー」
https://www.coporii.com/?tid=2&mode=f101


前回、ウッドボックスさんで購入した基板キーホルダー、気に入ってバッグにつけていたんですけど、1年ほどたったころに子供が引っ張ってリングの部分が壊れてしまいました。
修理しようかな、と考えていた時に、ふと、「自分で作ったら面白いのではないか?」と思いつきます。

さっそく企画をもってウッドボックスさんに相談!
ちなみに試作品第1弾の企画書はこんな感じです。





黒い基板にシルクで星をかいてもらう程度をイメージしていましたが、白い基板にカラーでイラストをプリントしては?というアイデアは、ウッドボックスさんからいただきました。

製作についてのウッドボックスさんからの提案がこちら。

ここで私のはんだ付けの世界への扉が開かれます...

まず、電子基板の設計と部品の調達などはすべてウッドボックスで行う。
その後、イラストの印刷やパーツのはんだ付けはファブスペースみたかの機材を使って自分でやってはどうか。
作業のやり方はすべて指導する。

 

「えっ、はんだ付け??自分で?」



元々システムエンジニアとして働いてきましたが、はんだ付けは名前を聞いたことがあるくらい...
ちなみにはんだ付けって何なのかというと、電子基板にLEDやらICチップやらの部品を付けるのに、はんだという金属を溶かして溶接することです。

まさか、自分ではんだ付けをすることになるとは思っておらず、、
しかしながら、いろいろとプロから指導していただけるのはうれしくもあり、この日はかなーり複雑な気分で帰路につきました。

その後、ウッドボックスさんからファブスペースみたかにある、レーザーカッター、UVプリンターの使い方を教えていただき、はんだ付けについても、丁寧にレクチャーをしていただけたので、今ではすっかりはんだ付けの魅力にはまってしまいました。

最近では、子供と一緒に電子工作を楽しむようにもなり、こんな動画も作っています。





今後は、子供向けのはんだ付けワークショップも企画したいと思っています。
ぜひぜひ、皆様も、楽しいはんだ付けワールドへお越しください!




ひらめきボックスcoporii 丸山
https://www.coporii.com
SNSへのいいね!お願いします!
facebook
instagram
twitter
coporii Blog

プログラミングの話題や、商品の使い方、新着商品情報などをお知らせ

  • 教育関係・企業の方 まとめて注文やトレーニングについてのお問い合わせはこちら
  • coporii活動実績
  • coporii3つの約束
  • 12,000円以上お買い上げで送料無料
  • 新規会員登録で500ポイントプレゼント!!
    ※ポイント付与は会員登録の翌日になります
coporii Blog

プログラミングの話題や、商品の使い方、新着商品情報などをお知らせ

  • facebook
  • instagram
  • twitter
Top