令和2年の教科書を展示中!教科書センターを知っていますか?


こんにちは。
ひらめきボックスcoporii店長丸山です!

先日、うちの近くにある「学校教育支援センター」という施設で「教科書展」が開催されているということで行ってきました。



■教科書センターってどんなところ?


学校教育支援センターは、子供の発達やトラブルなどの困りごとの相談ができる相談室とフリースクールが併設されている施設です。
時々、科学実験教室などのイベントも開催されたりしています。

教科書展は施設内の教科書センターで開催されているとのこと。
教科書センターという場所があったことは、今回初めて知りました。



会場となっている教科書センターですが、小さめの会議室のようなスペースに、過去数年の各出版社の教科書が保管されていました。

入ってすぐのところに、令和2年に使用される新しい教科書と、現在使用されている教科書が並べて展示されています。

 

■教科書はどう変わる?


新学習指導要領全面実施になる令和2年の教科書ということで何が変わったのか気になります。

ぱっと見た感じでは、「あたらしい理科」「新学習指導要領に対応」など、新しくなったことを印象付ける言葉を、わざわざタイトルにつけているものが多いなぁ、という印象^^;

英語はテキストや学習素材が増えていて、学校教育でも力が入っていることが分かります。

プログラミングは...?と、見まわしましたが、「プログラミング」のためのテキストは用意されていないようです。
仕方がないので、「あたらしい算数」「あたらしい理科」^^;をパラパラとめくってみました。

算数の小1の教科書から順番に見ましたがなかなか見つからず...
新学習指導要領になっても、算数ではコンピュータを使用する内容は出てこないようです。
(2019年6月24日追記:その後、小学5年生の多角形の単元でプログラミングについてふれられていることが分かりました)

結局、各出版社とも、小6理科の電気の学習のところで1〜2ページをつかってプログラミングについて解説をしているという程度でした。その他には、インターネットを使って調べ物をする方法などを載せている教科書もありました。

 

■まとめ


教科書に詳しいわけではないのですが、小学生の子供もいますのでなんとなく現在使っている教科書を見たことはあります。
今の教科書と比べて何が変わったのかというと学習内容や教科書の印象など、大きく変わっているようには感じませんでした。

東京書籍さんは教科書にQRコードが付いていて、そこからインターネットと連携した学習ができるということで一歩進んでいる印象。なんと、ビジュアルプログラミングができるツールも用意されていてすばらしいです!
(QRコードを掲載しようか迷いましたが教科書を使用していることが前提かと思いますのでここでは控えます)


ということで、「教科書」を大きく変えることには(たぶん)指導内容の浸透など障壁があり、急な変更は避けられたのではないかと考えます。インターネットで連携をしたりすることで、そこを補う対策がとられているのではないでしょうか。


教科書展は撮影OKなのですが、残念ながら、ネット上での公開は禁止となっているため、画像をお見せすることができません。
6月いっぱいは教科書センター含め、各地の施設で実施されているようですので興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか?


教科書展会場一覧
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/tenji/1359114.htm


 
ひらめきボックスcoporii




 
coporii Blog

プログラミングの話題や、商品の使い方、新着商品情報などをお知らせ

  • 教育関係・企業の方 まとめて注文やトレーニングについてのお問い合わせはこちら
  • coporii活動実績
  • coporii3つの約束
  • 12,000円以上お買い上げで送料無料
  • 新規会員登録で500ポイントプレゼント!!
    ※ポイント付与は会員登録の翌日になります
coporii Blog

プログラミングの話題や、商品の使い方、新着商品情報などをお知らせ

  • facebook
  • instagram
  • twitter
Top